Digital Velocity アワード

受賞者は10月26日(木)イベント当日のディナーパーティーで発表されます

全ての組織は自身の「限界」を乗り越える力を持っている。乗り越えられた者は先導者となり未来を現実に変えていく。

Tealiumのプラットフォームで次の時代を切り開いているリーダーをどなたかご存じですか。自身が所属している企業でも構いません。思い当たる人や企業がいる場合は今年度のDigital Velocityアワードにノミネートしてみましょう!

受賞者は10月26日(木)に開催されるDigital Velocity Tokyoのディナーパーティで発表されます。

エントリー期限:
10月5日(木) 17:30pm

アワード一覧:

Marketing Maverick

〜ベストマーケティング戦略〜
リスクを取ることを恐れないMarketing Maverickは、従来のマーケティング手法からは思いもつかない方法でターゲット顧客にリーチできる。消費者が変化を求めていて、自身の想像を超えるものを期待していることを知っているのだ。その揺るがない信念で360度の顧客プロフィールを構築し、オンラインからオフラインへと一貫したカスタマージャーニーを描くことができる。

Mobilizer

〜もっとも効果的なモバイルファースト戦略〜
モバイルが浸透しいつでも顧客と触れ合える時代になった今、デスクトップだけでなく、ウェアラブル、IoT、OTTといったモバイルファーストチャネルも考慮に入れた戦略立てをしなければならない。顧客は利用デバイスに関わらず質の高いリアルタイムなエンゲージメントを求めている。Mobilizerはモバイルマスターとして、購入までサービスレベルを落とさずに最後までシームレスでスムーズな顧客体験を提供できる。

Stack Master

〜もっとも効果的なマルチベンダースタックの活用により顧客中心のサービス提供を実現〜
顧客データの増加に伴い、企業は複数のシステムに依存しデータ量の増加に対応してこなければならなかった。同時にシステム間の連携ができていないために、顧客は非効果的で連携が取れていないコミュニケーションに我慢しなければならなかった。Stack Masterはそのペインポイントを理解し、マルチベンダーマーケティングテクノロジースタックを導入することで、顧客体験重視のサービス提供を実現できている。結果、顧客はタイムリーで関連性の高いメッセージを受け取ることができ、エンゲージメントやロイヤリティの向上に繋がっている。

Transformer

〜もっとも変革を遂げた組織〜
Tarnsformerはデジタル変革の波に乗り、自身の限界を超えたイノベーションや変革をもたらすことができる。数多のマーケティング施策の中からずば抜けて顧客からの支持を勝ち取り、競合からも一目おかれる存在になっている。戦略を塗り替え画期的なキャンペーンによって確実に一つ一つ目的を実現させていく。正に他のマーケターが見習うべきマーケティングマイルストーンを描くことができる。

Digital Maverick

〜もっとも顧客中心なデジタル戦略〜
デジタルが到来し、どんどん進化を遂げている。Digital Maverickは業界のリーダーとして、様々な先進的なツールを柔軟に組み合わせながら活用することで、真にリアルタイムでインタラクティブな顧客体験を提供できる。様々なデータタッチポイントを繋ぎ、常に斬新なテクノロジーによって顧客とエンゲージできる方法を探しているため、必要であればマシーンの力を借りることも惜しまない。必ずしも従来の方法にこだわらないのがDigital Maverickなのだ。

エントリー詳細

1.  応募

Digital Velocity Japanアワードに応募するには画面右側の応募フォームにご記入ください。


2. 説明文

  • 背景について− 直面していた課題、選定プロセス、Tealiumで実現したいことについての説明。関わっていた人の役割やキャンペーンもしくは事例の結果についても触れること
  • ストーリー全容 − 何が、いつ、どのように、どうして起きたのか。結果ビジネス自体及び顧客にどのような変革をもたらしたのかについての詳細な説明

機密情報について
候補にあがる全てのエントリーは、オンライン掲載される予定です。機密情報が含まれている際はあらかじめエントリー内容にその旨を記載いただければその情報はオンライン掲載されません。

本件に関するお問い合わせについて:
担当金まで下記メールアドレスでご連絡お願いします。
Email: dvtokyo@tealium.com